インドネシア旅行

インドネシアへの入国準備|パスポート・ビザ申請・出入国について解説

経済発展が目覚ましいインドネシアに仕事や観光で行く人は多くなってきています。

出入国審査は空港に到着すると、必ず受けなければならないものですが、予め手順を知っておくとスムーズにいくでしょう。

 

今回は、インドネシアの出入国について紹介しますね。

 

30日以内の観光ならビザ免除!

日本人がインドネシアに行く場合、観光目的や親族訪問目的、社会訪問、政府用務、他国への乗り継ぎなどのように、規定された目的に当てはまる場合は観光目的ビザ取得義務免除があります。

 

ビザを免除されるために、日本で予めしておかなければならない手続きは特にありません。

 

ただ、ビザ免除を使う場合は、滞在を延長することができません

さらに、ビザ免除で入国した場合でも、適用空港などを除く場所から出国するときには、アライバルビザを取得しなければならないこともあります。

 

必要な場合はアライバルビザを取得【手順】

30日を超える滞在を希望する場合は、アライバルビザを発行することになります。

例えば、短期留学目的となると30日を超えることもあるでしょう。

 

アライバルビザの取得は、空港や海港などのインドネシア国内の出入国管理局事務所で行います。

パスポートと、必要書類、発行費用500.000ルピアを持って「ビザオンアライバル」と書かれた窓口にて手続きをしてください。

 

申請に必要な書類

アライバルビザ取得に必要な書類は、復路もしくは第三国への航空チケット、残存期間が6ヶ月以上余白が2項以上のパスポート、手数料500.000ルピアです。

 

一度のみ30日間の延長が可能

アライバルビザの延長は、一度のみで30日間だけになります。

延長する場合は、ビザ発行に時間がかかるため、滞在期間7日前までに延長したい本人がインドネシアの出入国管理局にて申請してください。

 

延長時の必要書類は、出入国管理局事務所にある延長手続きに必要な申請書、取得したアライバルビザのコピー、復路や第三国への航空チケット、パスポート(原本もしくはコピー)です。

延長時の手数料は、355.000ルピアです。

 

ビザに関する情報は、予告なしで変わることも考えられるため、必要な場合はその都度確認してください。

 

パスポートは6か月の残存期間が必要!

身分証明となるパスポートですが、残存期間が6か月は必要になります。

また、観光目的で、ビザ免除の場合であってもパスポート査証欄の余白が1ページ以上必要です

 

税関で申告が必要なもの・持ち込めないものは?

2015年4月から出入国カードの提出は廃止されましたが、税関申告の義務はあります。

申告が必要な人は、税関申告書に必要事項を記入してください。

 

申告が必要ない人も申告が必須とされているため、記入すべき箇所を記入します。

インドネシアに渡航する前に、日本で税関申告が必要なものや、インドネシアに持ち込んではいけないものをチェックしておきましょう。

 

申告が必要なもの

・タバコ(200本以上、葉巻25本以上、刻みタバコ100g以上)
・お酒1リットル以上
・250USドル以上のお土産品、もしくは1家族1000USドル以上のお土産品
・外貨や現地通貨が1億ルピア相当以上
・香水の適量以上

インドネシアに持ち込んではいけないもの

・ポルノグラフィ
・武器
・爆発物
・危険物
・麻薬

タバコを吸うという人にとっては、200本は10箱で到達するので、少量しか持っていけないと感じることでしょう。

しかし、現地でも日本で売っているタバコと同じメーカーのものがあり、安く購入することができると言われているので心配しなくてもいいですよ。

 

インドネシアへの入国の流れ

インドネシアに入国するときには、入国カードがいらないので楽だと思いがちですが、色んな手続きが必要な場合もあります。

よりスムーズな入国をするためにも、入国の流れをチェックしておきましょう。

 

(1)税関申告書の記入

税関申告書が機内で配られた場合は機内で、配られない場合は空港に到着したら記入してください。

税関申告が必要な場合は、

・名前
・生年月日
・国籍
・職業
・パスポート番号
・インドネシアでの滞在先
・搭乗便名
・到着日
・同伴者数
・荷物の総数
・持ち込み品の有無
・署名

などを書き込んだ税関申告書を作成して、提出しましょう。

 

(2)アライバルビザカウンターにてビザを取得

次に、必要であればアライバルビザカウンターにてビザを取得します。

ビザを取得するときに、領収書を受領し、アライバルビザを取得したことの証明としてパスポートにスタンプやステッカーが貼られます。

 

しかし、アライバルビザを購入したにも関わらず、スタンプやステッカーが押されないことや、ビザ免除の滞在にされてしまうというトラブルが発生してます。

そのため、その場でステッカーやスタンプ、領収書をしっかりと確認することをおすすめします。

 

(3)入国審査

入国審査では、航空券とパスポートを提示しましょう。

入国審査では、「何の目的で来たのか?」や、「滞在期間」、「滞在先」などを聞かれることもあります。

 

何の質問もなかったという人もいれば、ビザ免除になってから質問されたという人もいるので、簡単な英語を覚えておくと便利ですよ。

 

(4)手荷物受取

インドネシアに来るときに利用した飛行機の便名が表示されているターンテーブルにて、手荷物を受け取ってください。

インドネシアでは、手荷物を運んでくれるという人がいるのですが、法外なチップ目的の場合もあるので注意してください。

 

(5)手荷物検査・税関申告

最後に、手荷物検査と税関申告をします。

X線装置にて、手荷物を検査されます。

 

税関申告もスムーズに終わると、入国審査完了です。

その後は、空港を出て観光スタートになると思われますが、空港を出るとすぐにタクシーの客引きが行われています。

 

空港内でタクシーの申し込みが可能なので、トラブルに遭わないためにも正規のタクシーを利用してください。

 

インドネシアからの出国の流れ

インドネシアから出国するときにも、出国審査があります。

出国審査があることも考えて、帰国するときやインドネシアから次の国に行くときなどは、搭乗時間に十分な余裕を持って空港に到着するようにしてください。

 

入国と同じように出国もスムーズに行くようにここで出国の流れを紹介します。

出国審査の前に、荷物のセキュリティ審査を受けるのですが、ここではパスポートと航空券が必要なので準備しておきましょう。

 

その後、チェックインカウンターにて再度パスポートと航空券を渡して預ける荷物をここで預けます。

このとき、搭乗券の受け取り忘れに気をつけてください。

 

(1)出国審査

次に、パスポートと航空券を提示して出国審査を受けます。

出入国カードが廃止になったため、出国するときにもカードの記入や申請は必要なくなりました。

 

(2)手荷物検査・税関申告

手荷物検査をするときは、ロビーに入る前に手荷物検査場所にて行われます。

搭乗券の提示が求められるので準備しておきましょう。

 

手荷物と、ボディチェックをここで受けます。

液体物の機内持ち込みには、制限をかけられているので気をつけてください。

 

また、税関申告もあるのですが、申告するものがない場合はスムーズに終わります。

インドネシアから持ち出してはいけない物には、

べっこう製品
熱帯魚などの野生動物

があげられます。

 

また、持ち出しに制限がかけられている物には、

タバコ(200本以上、葉巻25本以上、刻みタバコ100g以上)
・お酒(2リットル以上)
・身の回りのもので100万ルピア以上のもの

です。

 

まとめ

インドネシアの出入国は、文章で見るととても大変そうに感じるものです。

しかし、スムーズにいけばあっという間の出入国審査と言われているので、そんなに構えなくてもいいでしょう。

 

出入国でつまづくと、せっかくの旅行がモヤモヤしたものになるので、快適な旅にするためにも一度頭の中でシュミレーションしておくといいですね。

 

-インドネシア旅行

Copyright© Asia Trippers , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.