準備(航空券・ホテル・ビザ)

海外で携帯電話を使うための設定方法|データローミングはオフにするべき!

海外旅行では現地の地図やレストランの予約、友達や家族と連絡をしたいときもありますよね。

しかし、海外で日本と同じように携帯電話やスマートフォンを使うと問題が発生します。

 

海外では日本とは異なる通信回線を使用することになりますので、携帯電話の設定をしていないと知らないうちに高額の通信費が発生することもあります。

海外旅行から帰ってきた際に高額の通信費がかかっていたなんてことにならないよう、海外に行く前にやっておかなければならない携帯電話の設定を確認しておきましょう。

 

データローミングをOFFで高額請求回避

飛行機に載っている間は電源を切っているか、機内モードにしていますよね。

携帯電話の設定を確認せずに海外に到着後、機内モードを切ったとたんに海外の通信回線を使ってしまい、高額の通信料請求が発生する場合があります。

 

出国前にはまず「データローミング」という設定がオフになっているか確認しましょう。

通常はオフになっていることがほとんどですが、これがオンになっていると通信回線に自動的にに繋がってしまいます。

 

特にインターネットを使用せず、通話のみ使用したいという方はこの設定にしておけば安心です。

 

iPhoneでのデータローミングOFF設定方法

[設定]から[モバイル通信]、[モバイルデータ通信]、[通信のオプション]の画面で下記の2つの手順を行ってください。

 

①[4Gをオンにする]を選択し、[オフ]にチェック ※iPhone5以降の場合
②[データローミング]をオフ(白)にする

 

AndroidでのデータローミングOFF設定方法

[設定]から[接続]、[モバイルネットワーク]、[ローミング設定]の画面で[データローミング]のチェックを外してください。

 

「データローミング」と「モバイルデータ通信」

携帯電話のインターネットの通信費はモバイルデータ通信によって発生しています。

モバイルデータ通信とは国内キャリア(docomoやau、softbankなどの携帯通信会社)が使用している電波のことです。

 

基本的に日本にいる間はこのモバイルデータ通信か、Wi-Fiによってインターネットを使用しています。

データローミングとは国内キャリアの電波が届かない海外などで、現地の回線に繋ぐサービスのことを言います。

 

日本を出てからインターネットを繋げようとするとデータローミングを通して海外の回線を使うことになります。

この通信費は日本で契約しているプランの適用範囲外で料金体系が異なり、場合によっては高額請求が発生してしまいます。

 

データローミングの設定をオフにしておかなければ自動的にデータローミングで現地の回線に繋がります。

海外用の通信プランを事前に申し込んでいるようであれば問題ありませんが、申し込んでいない場合は忘れずに設定しましょう。

 

また、モバイルデーター通信も併せてオフにしておくと安心です。

なお、データローミングやモバイルデータ通信はインターネットに繋げる際に必要な通信回線などのことで、電話回線とは別です。

 

そのためこの2つの設定をオフにしていても携帯の通話機能自体は使えます。

 

通話もネットも不使用なら機内モードに

携帯電話の電卓やメモ帳、カメラなどの通信が不要な機能だけを使いたいのであれば機内モードにしておけば通信費は一切かかりません。

 

iPhoneでの機内モード設定方法

[設定]から[機内モード]をオンにし、画面左上の電波マークが飛行機のマークに変わったことを確認してください。

 

Androidでの機内モードOFF設定方法

[設定]から[接続][機内モード]をオンにし、画面右上に飛行機マークが付いたことを確認してください

 

海外でネットを使用したいときは?

機内モードやデータローミングをオフにしていてもホテルや駅、空港や街中でWi-Fiがあれば無料でインターネットを使用することができます。

しかしWi-Fiがない所でも自由にインターネットを使用したい場合は、下記の3つの方法を使いましょう。

 

①携帯電話のキャリアのオプションプラン
②海外用のレンタルWi-Fi
③現地のプリペイドカードSIM

 

①、②は事前に日本で設定や申し込みをする必要があり、③に関しては日本もしくは現地の空港での調達が必要です。

それぞれの値段や手続き方法に応じて選びましょう。

 

データローミング利用ならパケット定額サービスに

ネットを使いたいけれど「携帯電話自体の設定は難しくてよくわからない」「頻繁にいろいろな海外に行く」といった人には携帯電話のキャリアが提案している海外パケット定額サービスがおすすめです。

時間や日数ごとに料金設定がされており、通常の契約しているパケット通信料をそのまま使用することができます。

 

通常の携帯電話料金プランのオプションですが、お店の人に設定をしてもらうこともできます。

大手3キャリアのプランを簡単にご紹介します。

 

【docomo】「パケットパック海外オプション」プラン

150の国と地域で980円/24時間の定額で通常の契約しているパケット通信料のまま使用することができます。

 

また、「海外パケ・ホーダイ」プランは2980円/日で通信制限なく海外でインターネットを楽しむことができます。

利用したい場合には事前にWEBやドコモショップで申し込みが必要です。

 

【au】「世界データ定額」プラン

こちらも980円/24時間の定額の利用料で通常の契約しているパケット通信料のまま使用することができます。

 

利用したい場合は、専用のアプリを事前にダウンロードし初期設定を行うだけですが、データチャージに加入していることが前提となります。

 

【softbank】「海外パケットし放題」プラン

通常の契約しているパケット通信料とは別に通信料を払う必要があるため、値段は他と比べ高いですが、2980円/1日で通信制限がなく使い放題です。

 

利用したい場合、事前の申し込みは不要です。

 

レンタルWi-Fiを利用

複数人でインターネットに繋げたいという人はレンタルWi-Fiがおすすめです。

使いたい通信容量によって値段は様々ですが、レンタル料は1日単位で支払う場合がほとんどです。

 

1GB・1日あたり1000円からでレンタルすることができるため、他の方法に比べても安くインターネットを使用できます。

ただし、レンタルのため破損や盗難にあった場合は負担金が発生することもあります。

 

事前にWEBで申し込みをするか、旅行会社や空港などで申し込み、ポータブルWi-Fiルーターを受け取ります。

 

現地でプリペイドSIMカードを購入

1日あたりの通信料を制限することができれば比較的安くインターネットを使用できます。

渡航先でプリペイド式のSIMカードを買い、自身の携帯電話のSIMと差し替えると使用できます。

 

渡航先の空港の販売機で購入できますし、事前に日本国内でも渡航先のSIMカードを購入することができます。

1GBあたり2000~3000円です

 

ただし、手持ちの携帯電話がSIMフリースマホであることが前提です。

 

まとめ

海外旅行で携帯電話を使う際、気を付けなければ高額な通信費が発生してしまいます。

海外での携帯電話の設定は「データローミングはオフ」にすることを覚えておき、飛行機に乗る前に必ず確認しておきましょう。

 

その他、海外で日本にいるときと同じ感覚でインターネットを使用するには

・携帯通信会社のオプションプラン
・レンタルWi-Fi
・プリペイドSIMカード

 

などを活用して海外旅行を快適に楽しく過ごしましょう!

 

関連:スリランカ旅行の準備について体験者目線で徹底解説!

-準備(航空券・ホテル・ビザ)

Copyright© Asia Trippers , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.