スリランカ旅行

スリランカのバワ建築|特徴とおすすめバワデザインホテルを厳選

バワ建築というのは、スリランカの建築家であるジェフリー・マニング・バワにより造られた建築物のことを指します。

バワの建築物は、昔から根強い人気があるものの、多くの建築家に刺激を与えて近年流行の建築物のインスピレーションのもとになるなどして注目されています。

 

今回は、スリランカのバワの建築物や、バワがデザインしたホテルを紹介します。

 

ジェフリー・バワの来歴

 

1919年に誕生し、弁護士として働いていたジェフリー・バワは、理想郷をつくるために土地を購入します。

しかし、建築の知識がないため、留学して学校に通いました。

 

帰国後に建築家として活動をスタートさせ、デンマークの建築家とトロピカル・ボタニズムという独自スタイルの建築をつくりあげました。

夢であった理想郷は「ヌルガンガ」と名付け、2003年に死去するまで手入れを続けた場所です。

 

現在、庭園は一般公開されており、6室の客室は宿泊することもできます。

 

ジェフリー・バワのデザインの特徴

バワの建築物では、土地があってこその建物であり、土地と建物がそれぞれに孤立することがなく、自然と繋がりが持てる違和感のない空間が表現されています。

自然光や風を取り入れる建築方法であり、建物の周りの自然と一体化するようにつくられてます。

 

トロピカル・モダニズム

ジェフリー・バワがウルリク・ペルスナーとともに作り出した独自の設計がトロピカル・モダニズムです。

機能的かつ合理的であるモダニズム建築と、熱帯地域の自然を取り入れて融合させています。

 

ジェフリー・バワこそが、アジアでのモダニズム建築の先駆者であり、トロピカル・モダニズムは現在でも多くの人々を魅了しています。

 

ベントータの「ヌルガンガ」

スリランカのコロンボの海沿いにベントータという街があります。

そこにジェフリー・バワが手掛けた「ヌルガンガ」があり、ここはジェフリー・バワのカントリーハウスと呼ばれています。

 

ジェフリー・バワは建築家になってから多くの作品に関わる中で、ヌルガンガの手入れを40年以上も続けました。

 

インフィニティプール

高級ホテルでも取り入れられているインフィニティプールを生み出したのはジェフリー・バワです。

インフィニティプールは、外壁がないように見えるプールで、周りの景色とプールが一体化しているように感じられるものです。

 

最近のホテルで代表的なものは、シンガポールの「マリーナ・ベイサンズ」の57階にあるプールです。

とても近代的なデザインで人気がありますが、実はジェフリー・バワの時代に築かれていたものです。

 

ジェフリー・バワデザインのおすすめホテル

世界のラグジュアリーホテルであるアマンリゾーツにも多くの影響を与えたのがジェフリー・バワの建築です。

ジェフリー・バワがデザインしたホテルは多数あり、一般観光客が泊まることも可能です。

 

おすすめのホテルを紹介します。

 

ヘリタンス・ガンダラマ

多くの木々に囲まれ、まるで森の中に存在しているようなヘリタンス・ガンダマラ。

1994年に建設され、約25年の月日が経ちながらも近代的な魅力も感じられるホテルです。

 

ラウンジや通路には自然の岩が使われ、垂れ下がったツタの隙間から太陽の光が溢れており、自然と一体化したデザインを感じられます。

目の前には、カンダマラ湖があり、ホテルに造られたインフィニティプールは、湖と繋がっているような空間を演出しています。

関連:自然に溶け込んだバワ建築のホテル『ヘリタンスカンダラマ』を実際に宿泊した体験談を踏まえて徹底解説!

 

ザ・ブルー・ウォーター

1998年に建築されたホテルで、ワッドゥワという場所にあります。

ホテルがある場所は、元々はココナッツ畑であり、最初から存在していた木を切ることなく使っています。

 

敷地内には多くの木が現在でも残っており、自然の中のホテルを楽しむことができます。

ジェフリー・バワのこだわりである、水との融合も敷地内にあるプールから感じられます。

 

このホテルは、ジェフリー・バワの最後の作品であり、完成形としても有名です。

結婚式も行うことができるので、運が良ければ新郎新婦を見ることもできるかもしれないですね。

 

ジェットゥイング・ラグーン

2012年にジェフリー・バワの弟子がバワの要素を取り入れてリニューアルさせた5つ星ホテルです。

リニューアル前は、「ブルー・ラグーン」と呼ばれており、ジェフリー・バワが最初に手掛けたホテルとして知られています。

 

目の前に広がる自然には開放感を覚えますし、全長100メートルもあるプールもあります。

また、太陽光エネルギーを使用し自然に配慮しているホテルです。

 

ジェットウィング・ライトハウス

1997年に建設されたホテルで、部屋の窓を開けると、ビーチや自然が見え、開放的な気分を味わうことができるでしょう。

地形を活かしたデザインが自然との一体感を生み出しており、ジェフリー・バワの晩年の作品の中でも最高傑作と言われています。

 

ホテル内にあるオブジェやアートは高級感もあり、目の前のビーチでもリゾート地ならではのリラックスした時間を楽しめるでしょう。

 

ジェットウィング・ビーチ

ロイヤル・オーシャニックホテルとしてジェフリー・バワが設計したものを、弟子が2004年に5つ星ホテルとしてリニューアルしました。

目の前がビーチで全ての部屋にテラスが設けられ、どの部屋であってもオーシャンビューを楽しむことができます。

 

フロント下のプールや庭園のプールの他にも、水を使った演出を見ることができ、バワらしさを感じられます。

 

ヘリテージ アーユルベーダ マハ ゲダラ ホテル

アーユルベーダはインドの伝統的医学であり、このホテルはアーユルベーダを取り入れています。

ベールワラのビーチの目の前に存在し、シンプルで清潔な客室に広大な自然を味わえる庭園やプールが魅力です。

 

屋外との境界線を感じない作りはバワのデザインの特徴です。

 

アヴァニ ベントータ リゾート

ベントータビーチ沿いにあるホテルです。

オランダの村からヒントを得たジェフリー・バワがモダンかつ豪華なデザインを織り込んでいます。

 

まるで自然の中にあるようなプールは、夜になるとライトアップにより幻想的な姿を見せます。

また、プールの先には海が広がり、自然を肌で感じられます。

 

建物と外が繋がるように、所々に坪庭が存在し、より自然とマッチした空間になっています。

 

ヘリタンス・アフンガッラ

1981年にガンダラマに建てられたホテルで、スリランカで初めての5つ星ホテルでもあります。

目の前のビーチに続いているようなインフィニティプールがあり、このプールこそがインフィニティプールの発祥です。

 

オープンロビーなので、プールと海を一望することもできます。

中庭に繋がる空間には大きな木があり、自然との一体感を感じられます。

 

ヌルガンガ

ヌルガンガは現在は宿泊することができますが、ジェフリー・バワが別荘として建築した建物です。

ジェフリー・バワが最も手をかけた建物でもあり、バワファンにとって見逃せないホテルでしょう。

 

他のホテルで見られる建築やインテリアなどの原型がヌルガンガにはあります。

宿泊施設ではありますが、ジェフリー・バワが手掛けたアートでもあり、まさに芸術そのものです。

 

6つの部屋はそれぞれに個性があり、元々はジェフリー・バワのコレクション部屋だったり、作業部屋だったため、よりバワのデザインの特徴を感じることができるでしょう。

一般開放している庭園には世界中から持ち帰ったアートが飾られています。

 

ヌルガンガにあるシナモンヒルという丘には、ジェフリー・バワが眠っています。

 

まとめ

バワの建築物は、スリランカの誇りであり、世界中の建築に今でも影響を与えています。

建てられてから年月が経っていても洗練されたデザインは現代でも評価され、バワ建築のホテルに泊まる目的でスリランカを訪れる人も多くいます。

 

スリランカの魅力とともに、バワのデザインした建築物も楽しんでください。

-スリランカ旅行

Copyright© Asia Trippers , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.